わが家は、もう下にきょうだいが生まれる予定は今のところありませんが、欲しいなと妄想することはあります。

それで長女にも「もうひとり赤ちゃんが生まれたら、うれしい?」と聞いてみたくなり質問してみました。


すると長女は「きょうだいはもういらないの・・・。だって、ふーちゃんのかわいさで十分なの」と答えました。

長女(5才)が「きょうだいはもういらないの・・・」といった【育児絵日記】

 そして「本当にとってもかわいいから、ふーちゃんだけでいいの」と、たたみかけられました。きっと「欲しい! 妹や弟が欲しい!」と興奮していうかしら・・・と想像していた私には意外な答えでした。



私が「本当に?」と聞き返すと長女は「もう、その話いや・・・もうその話しないで。ほんと聞きたくない」とちょっと怒っていいました。



そして、ボソッと「おかあさんのとなりでねれなくなっちゃうとイヤだもん・・・」といいました。

長女(5才)が「きょうだいはもういらないの・・・」といった【育児絵日記】

なるほど、それが本音か・・・と思いました。確かに、二人しか隣で寝れませんものね。(※夫は帰宅が遅いので寝室は別になってます)


長女なりに考えているのだなと感じました。



↓こんな記事もあります。
娘に隠し続けている秘密がバレるかと思った【子育て漫画】
娘が憶測で語った話がシュールだった【子育て漫画】
転職活動中で家にパパがいるときの子どもの言葉【子育て漫画】

↓まとめました。
日常エッセイまとめ
昔の育児絵日記


333
↑ゆーのことばの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加