最近、私事ですが胃腸カゼにかかりまして、脱水症状になってしまいました。
微熱だったものの家事をするにも身体が鉛のように重く、立っていることも辛く、ついついゴロゴロと布団に転がっていました。


そのときのことなのですが、ふと、次女のふー(2才)が「はい、これどーぞ」といって、子供布団をかけてくれました。

弱っているときは、親バカ度がかなりアップすることに気がつきました【育児絵日記】



弱っているときに、子供に優しくされると、もうダメですね。

弱っているときは、親バカ度がかなりアップすることに気がつきました【育児絵日記】

そして、弱っているときは、親バカ度がかなりアップすることに気がつきました。わが子が平成のナインチンゲールのように神々しく見えました。


次女はまだ2才なので、「お母さんのために」とか、そんなに意識してやったことではないのだろうし、ちょっとしたことなのですがホロッときてしまいました。



↓こんな記事もあります。
娘に隠し続けている秘密がバレるかと思った【子育て漫画】
娘が憶測で語った話がシュールだった【子育て漫画】
転職活動中で家にパパがいるときの子どもの言葉【子育て漫画】

↓まとめました。
日常エッセイまとめ
昔の育児絵日記


348
↑親バカの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加