昔の長女の思い出シリーズです。
3、4才くらいです。細かい時期は忘れました。


ある朝、私が家事をしているとき、長女が「だーれーかー」と、テーブルに座ったままいいました。

パンを食べた長女に「だーれーかー」と呼ばれた思い出【育児絵日記】

パンを食べ終わったようで、お皿の中は空っぽでした。



「ゆーちゃん、どうしたの?」と私がきくと

パンを食べた長女に「だーれーかー」と呼ばれた思い出【育児絵日記】

「おひざのうえにパンくずがあるのでイスからおりれないじゃないかー」
と、いわれました。

長女のいい方が、渡鬼のえなり君というか、なんとなくそういう風だったのでちょっとプッと笑ってしまいました。


みると、食べた後のパンのくずが彼女のひざの上にちらばっていました。
パンくずが落ちると床が汚れるから動いてはいけないと思ったのでしょうか。
どうしていいかわからなかったから、「だーれーかー」と呼んだのでしょう。


ウェットティッシュでパンくずをとってあげました。


もう一度その「だーれーかー」と「おひざのうえにパンくずがあるのでイスからおりれないじゃないかー」という一連の流れをまた聞きたいという気持ちがめばえてしまい、即座に「ウェットティッシュでこうすればきれいになるんだよ」ということができませんでした。


さすがに5才になった今はもういいません。とても懐かしい思い出です。



↓こんな記事もあります。
娘に隠し続けている秘密がバレるかと思った【子育て漫画】
娘が憶測で語った話がシュールだった【子育て漫画】
転職活動中で家にパパがいるときの子どもの言葉【子育て漫画】

↓まとめました。
日常エッセイまとめ
昔の育児絵日記


352
↑思い出の記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加