「ちゅー」といいながら、ふーが頭突きしてきます。 子育てマンガエッセイイラスト言葉を習得していく過程で、ふーは「ちゅー」のことを接吻ではなく「ちゅー、といいながら頭突きする」ことだと理解してしまったようです。



それを見ていた長女(6才)が、「おねえちゃんが本当のちゅーを教えてあげる!」といって、次女に近づいてきました。子育てマンガエッセイイラスト次女が「イヤッ」といって、素早く逃げました。頭突きするのはなんとなく楽しいけれど、されるのはちょっと・・・という気持ちなのでしょうか。なんとなくわかります。



それを長女が追いかけて、無理やり「ちゅー」しようとしましたが、結局同じような頭突きになってしまいました。子育てマンガエッセイイラスト結局、長女は次女に「ちゅー」の本当の意味を伝えられませんでした。

ただ、次女は私にしかしようとしないので、彼女に取ってそれが「特別なもの」という認識があるのだと信じたいです。




↓昔のものをまとめました。
昔の育児絵日記


354
↑ちゅーの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして