幼稚園へ長女(6才)のお迎えにいったときのことです。


ある男の子(C君とします)が先生に 「あやまりなさい」と繰り返しいわれていました。C君は何かいたずらをしてしまったようですが「あやまりなさい」と何度もいわれるとかえって意地になるのか、ずっと黙ったままでした。



そのときに、そばで見ていた長女が、
「ねえCくん・・・、ごめんなさいっていえたらいいね」といいました。育児マンガ&エッセイイラスト
すると、C君は、あっさりと「ごめんなさい」とあやまりました。


もともとC君は明るくて素直な男の子なのですが、そんな子でも、ただ「あやまりなさい」と何度もいわれるとかえって意固地になることもあるのかもしれません。あやまって欲しいときには、「あやまりなさい」とただいうのではなく、こういういい方をすればいいのかと思いました。




↓こんな記事もあります。
富に恵まれるという穴の秘密
この世界の片隅にを観たときの夫婦の会話【漫画】
ほぼワンオペ育児を楽にする方法【子育て漫画】

結婚して夫婦になって知った夫の一面①
結婚して夫婦になって知った夫の一面②
結婚して夫婦になって知った夫の一面③


345
↑ライフハックの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして