長女(5才)に、「はっぱずもうを枝でやろうよ~」と誘われました。育児マンガ&エッセイイラスト長女いわく、はっぱずもうは普通オオバコとか草でやるらしいのですが、そのとき近場にオオバコがなかったので、枝を持ってきてくれました。



そして、「はい、おかあさんのぶんね」といって、私に枝をくれました。
しかしながらその枝は、見るからに極細でした。育児マンガ&エッセイイラストそして彼女の手には、あきらかにしっかりとした枝で簡単に折れなさそうなものが握られていました。スタート時点で優位に立とうとするその姿勢、策士だなと思いました。


でも、なんだかちょっと腑に落ちなかったので、「枝を交換してよ」というと、新たに枝を持ってきてくれましたが、その枝は、さっきのものよりも弱そうな半分折れかかっているものでした。意地でも負けたくないのか・・・と思いました。




↓こんな記事もあります。
娘に隠し続けている秘密がバレるかと思った【子育て漫画】
娘が憶測で語った話がシュールだった【子育て漫画】
転職活動中で家にパパがいるときの子どもの言葉【子育て漫画】


338
↑思ったこと感じたことの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加