私が夫の寝室で洗濯物を室内干しているとき、ふー(2才)がやってきました。育児マンガ&エッセイイラスト彼女の洋服には米つぶがたくさんついていました。つかまえようとしましたが、逃げられました。そして彼女は部屋の中を走ったり、転がったりして、激しく動き回りました。



そして、気づくと夫の枕が、米つぶだらけで大変なことになっていました。育児マンガ&エッセイイラスト彼女が動き回ったときについてしまったのです。
私は、米つぶがたくさんついて、ガビガビになってしまった枕カバーを、絶望的な気持ちでみつめました。



しかしながら、夫はその汚された枕をみて、怒るどころか、なぜかほっこりした表情で「犯人はふーちゃんだなー」といいました。育児マンガ&エッセイイラストそれにしても夫は、ふーの食べこぼしの米つぶに対して寛大だなと感じました。
もはや夫にとっては、その米つぶは汚いものではないのかもしれません。もはや、汚いを超えた何かになったのです。それが何なのか、言葉でうまく表すことができないのがくやしいです。



↓昔のものをまとめました。
昔の育児絵日記


340
↑パパのことばの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして