自分は朝に弱い主婦です。朝活の土俵に立てる主婦の方がうらやましくてなりません。とくに冬寒くなると、布団が恋しくなかなか外へ出る勇気がでません。


最近は少し寝坊すると、次女(2才)が先に起きて立ち上がり、寝室の扉をバンッと開けられてしまうことがあります。

育児マンガ&エッセイイラスト

真冬の寒い冷気がどんどん、寝室に入りこんできます。

私は布団の中で「やめて・・・」といいますが、次女には届きません。

次女の無言の強いプレッシャーを感じます。「さむい・・・」とつぶやきながら布団を深めにかぶり薄目で次女をみると、彼女は憮然として私をみつめ返してきます。



「ネボスケに制裁を!」といわれているイメージです(笑)↓ 実際はいいませんが。

育児マンガ&エッセイイラスト

この制裁のおかげで、こんな私でもようやく起きることができるのですが、その起きがけのレム睡眠で、一揆とか革命とかで突き上げられる側の夢をみたようなイメージがよぎります。


次女に起こされず、自らの力でシャキッと起きれるようになりたいです。




↓昔のものをまとめました。
昔の育児絵日記


338
↑思ったこと感じたことの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして