少し前の話です。長女がうれしそうにやってきてこういいました。


「おともだちを紹介します。きつねのきつこちゃんでーす」

長女(5才)のおともだちを紹介します【育児絵日記】

それは、厚紙で作られたきつねの顏と、シールがはられた紙コップと、割りばしで作られた、長女の工作物でした。割りばしを上下に動かすと、きつねの頭が上下するような仕組みになっています。




「どれどれ、見せて」と、その「きつねのきつこ」ちゃんをまじまじとみたところ・・・

長女(5才)のおともだちを紹介します【育児絵日記】

「きつこ」じゃなくて、「きつい」になってました。



長女は字を、自分で調べて書くのですが、「こ」と「い」が似ているので、間違えて書いてしまったのです。



このおともだちの「きつい」もとい「きつこ」は、長女のおともだちゆえに捨てることができず、ボロボロになってもまだ家に残っています。


親の立場からいわせれば、こういうボロボロになる系のお友達は、ほんとにボロボロになってもずっとあるので、いったいどうしたらいいのかと時々考えます。



↓こんな記事もあります。
娘に隠し続けている秘密がバレるかと思った【子育て漫画】
娘が憶測で語った話がシュールだった【子育て漫画】
転職活動中で家にパパがいるときの子どもの言葉【子育て漫画】

↓まとめました。
日常エッセイまとめ
昔の育児絵日記


342
↑子育ての悩み、記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして