次女(1才)のつかっている「ねんね」は、ただ「ねむる」という意味ではありません。複数の意味をふくんだものを「ねんね」と表現しています。

次女(1才)の「ねんね」には、いろんな意味がこめられている【育児絵日記】

それは、「ねむいから、寝ながらおっぱいのみたいの!」です。
寝転がって添い乳して欲しいということですね。


「ねんね」といわれ、眠いのかとおもって横にしてただ寝かしつけても怒ります。「ねむい」+「ねながらおっぱい」=「ねんね」になります。





そして、「はい、どーぞ!」もそのままの意味ではありません。

次女(1才)の「ねんね」には、いろんな意味がこめられている【育児絵日記】

「これで遊びたいから、持ってきましたよ♪ さあ、開けて!」です。
長いですね(^-^;


娘に「はい、どーぞ!」といわれて、「ありがとう」と素直に受け取ったら彼女は怒ります。


「なぜ、このオモチャ箱を開けてくれないの! ほんと使えない!」とでもいうかのように不満げにギャーギャーいいます。


親やよく接する人はわかるのですが、はたからみたら、なんでこの子怒ってるのかな? ってたぶんなるんでしょうね。。。




↓こんな記事もあります。
目が合うたびに笑ってくれたので、歩きつづけることができた【育児絵日記】
運転中、次女(2才)が心ゆさぶる言葉をあびせてくるはなし【育児絵日記】
愛着は少しづつ、知らない間にはぐくまれているということ【育児絵日記】

↓まとめました。
ワンオペ沼~ある主婦の家事や育児の話


343
↑ふーのことばの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加