ツイッターを見ていた時にたまたま「うちのインティライミ」というタグが目に入りました。
コウノドリ発「うちのインティライミ」というツイッターのタグが心に刺さった
もともとコウノドリでナオト・インティライミさんが演じていた、育児に主体的ではない夫発で盛り上がったタグなのですが、これがなんかすごかったんです。



コウノドリ発「うちのインティライミ」というツイッターのタグが心に刺さった
産後夫にされたことでつらかったことなど、読むと心に刺さるつぶやきばかりでした。

夫に教えると、「インティライミのイメージと全然違うわ」といっていました。たしかに、インティライミさんって海外で自由に旅して歌をうたうのびやかなイメージですよね。



コウノドリ発「うちのインティライミ」というツイッターのタグが心に刺さった
それで「産後されたことはずっと忘れないんだろうね」と夫にいうと、「えー、星野源のカッコよさに集中しようよ」といわれました。

産後されてつらかったことは、長期間記憶に残るものかもしれません。

でも産後や男女に限らず、パートナーがつらい局面にはサポートしてあげるのが大事だなと思いました。



↓こんな記事もあります。
パパなしでの育児①
パパなしでの育児②
パパなしでの育児③
パパなしでの育児④
パパなしでの育児⑤


338
↑思ったこと感じたことの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


にほんブログ村
ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして