ファミリートイレに娘たちといっしょに入ったときのことです。

私がトイレをするとき、トイレ入口の扉の開閉ボタンを下の子が押さないようにみててと長女(7才)にいいました。
守ろうとする気持ちが強すぎて何も守れなかった



守ろうとする気持ちが強すぎて何も守れなかった
「わかった! このボタンは私が守るね!」と長女がいいました。



すると、「ふーちゃんが守るっ!」と、なぜか次女がはりあってきました。
守ろうとする気持ちが強すぎて何も守れなかった
(そもそも、次女からボタンを守るということだったのですが・・・、なんだかややこしくなってきました。)



それで、ボタンを守るという役割を姉妹で奪い合いしているうちに、次女が「開」のボタンを押してしまいました。
723
・・・守ろうとする気持ちがおたがいに強すぎて、けっきょく何も守れませんでした。


急いで「閉」ボタンを押しましたが、あの扉の閉まるスピードの遅さに冷や汗をかきました。人が来なくてよかったですが、むちゃくちゃあせりました。



↓こんな記事もあります。
日常エッセイまとめ
昔の育児絵日記
マクドナルドのハッピーセットの図鑑が良かった!【育児絵日記】
思いを伝える方法は言葉だけじゃない【子育て漫画】
夫の控えめにいって素敵だと思うところ【子育て漫画】


346
↑思ってたのとちがう、の記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


にほんブログ村
ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして