ホームセンターへ買い物にいったときのことです。 探し物をしていた私は、近くにいた店員のお姉さんに話しかけました。
運命の出会いだったかもしれない
「あのですね。あれを探しています。家具を壁に固定するL字型のあれ、あれば教えて下さい」



運命の出会いだったかもしれない
すると、お姉さんは「あのですね・・・・・」と、ちょっと間を置いてから・・・





運命の出会いだったかもしれない
「そんなにあれあればっかりいわれてもわかりませんわ!」と的確につっこんできました。

つっこみが鮮やかすぎて、その後しばらく彼女のことを忘れられませんでした。
・・・私がもし芸人だったら、あれは運命の出会いだったのかもしれません。





338
↑思ったこと感じたことの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


にほんブログ村
ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして