↓最初から読む。
モテ女先輩のすごいテクニック①


これは私が結婚する前の、かなり昔のはなしになります。大好きだったモテモテの女先輩(モテ女先輩)と私のエピソードです。



私が、会社を辞めるときのことです。先輩が涙ぐんでいました。
モテ女先輩のすごいテクニック⑨弱音
「先に会社を辞めてしまうなんて思わなかった・・・入社したばかりなのに」といわれました。



モテ女先輩のすごいテクニック⑨弱音
「私会社に話せる女子ほとんどいないのに、どうしていなくなっちゃうのよ」



モテ女先輩のすごいテクニック⑨弱音
これが、先輩の弱音を聞いた最初で最後でした。

さみしくて泣いているのか、味方がいなくなるのが悲しかったのか、どういう涙かわからなかったのですが、先輩にも弱い部分があったということに気づきました。そんな部分をいちどだけみせてくれたから、彼女のことを忘れられなくなったのかもしれません。




↓他の回を読む。
モテ女先輩のすごいテクニック①
モテ女先輩のすごいテクニック②
モテ女先輩のすごいテクニック③
モテ女先輩のすごいテクニック④
モテ女先輩のすごいテクニック⑤
モテ女先輩のすごいテクニック⑥
モテ女先輩のすごいテクニック⑦
モテ女先輩のすごいテクニック⑧
モテ女先輩のすごいテクニック⑨
モテ女先輩のすごいテクニック⑩

※事実をもとにしていますが、私以外の人物は架空のキャラとして描いています。


357
↑モテ女の記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


にほんブログ村
ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして