↓最初から読む。
モテ女先輩のすごいテクニック①


これは私が結婚する前の、かなり昔のはなしになります。大好きだったモテモテの女先輩(モテ女先輩)と私のエピソードです。


会社の独身のグループで、ピクニック的に行くことになったときに、「せっかくだからお弁当作っていこうかなあ♪」と先輩がいいました。
モテ女先輩のすごいテクニック⑥ネイルとお弁当
先輩は爪のお洒落もちゃんとしていたので、そのネイルで弁当作れるのかなあ・・・と、内心思っていました。



そして、当日・・・
モテ女先輩のすごいテクニック⑥ネイルとお弁当
想像以上のお弁当を持参した先輩でした。量もたくさんあったので、他の人に分けて食べる分もありました。



私だけでなく、年下の男子のハートもばっちりつかんだ先輩でした。
モテ女先輩のすごいテクニック⑥ネイルとお弁当
モテる女は、爪のお洒落も料理もちゃんと両立できるということに気づいた瞬間でした。



↓他の回を読む。
モテ女先輩のすごいテクニック①
モテ女先輩のすごいテクニック②
モテ女先輩のすごいテクニック③
モテ女先輩のすごいテクニック④
モテ女先輩のすごいテクニック⑤
モテ女先輩のすごいテクニック⑥
モテ女先輩のすごいテクニック⑦
モテ女先輩のすごいテクニック⑧
モテ女先輩のすごいテクニック⑨
モテ女先輩のすごいテクニック⑩

※事実をもとにしていますが、私以外の人物は架空のキャラとして描いています。


357
↑モテ女の記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


にほんブログ村
ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして