私と娘たちは、わりとぎりぎりの広さの場所で眠っています。
094
長女(6才)の背が伸びて、布団から足がでてしまいそうなくらいになってきました。



長女の部屋にベッドはもう買ったし、とうとうひとりでねるときがやってきたのか、と内心ドキッとしました。
095
そのとき「だからねえ、わたしかんがえたんだよ・・・」と長女がいいました。



そして「今より大きくて、お部屋にぎりぎり入るようなお布団を買おうよ。そうしたら、まだまだおかあさんとねれるよ」といいました。
096
つまり、今よりちょっと大きい子供布団を買い直すという提案をされました。(普通の布団を置くスペースはありません。)

そうしてもいいのかな、とも思ったのですが、ベッドでひとりねをはじめるタイミングがかなり先になりそうで、正直迷っています。



↓こんな記事もあります。
ダウンベストの匂いと思い出【子育て漫画】
ワンオペ育児につかれて自然と涙した私に娘がしてくれたこと
マクドナルドのハッピーセットの図鑑が良かった!【育児絵日記】
娘から圧倒的女子力を感じたとき【子育て漫画】
子育て支援センターでママ友の輪に入れなかった思い出【漫画】

ママ友がいない私のPTAの歩き方①
ママ友がいない私のPTAの歩き方②
ママ友がいない私のPTAの歩き方③
ママ友がいない私のPTAの歩き方④
ママ友がいない私のPTAの歩き方⑤


333
↑ゆーのことばの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして