実は私、ミニマリストというひびきに、ほのかなあこがれを抱いています。
「断捨離したい!・・・でも、できない!」・・・そういうような話を何回かにわけてかいていきます。



長女(6才)のゆーに、いらない紙をごみばこに捨てるようにいいました。
ミニマリストになりたいのに①子育てとミニマムな生活は両立しない?



すると長女は「おかあさん、ごみじゃないよ。すっごい、たからものなんだよ」といいました。
ミニマリストになりたいのに①子育てとミニマムな生活は両立しない?
(・・・次女にはまだ、「たからもの」ということがわからないようで、ごみにしかみえてないようです。)



でも実際、長女のいうとおり、「はじめてママをかいた!」というような、レアなお宝がみつかってしまったりするのです。
ミニマリストになりたいのに①子育てとミニマムな生活は両立しない?
こどもが「はじめて誰かや何かをかいた」というようなものは大切です。プライスレスです! とくに、紙類は本当に捨てられません(;^ω^)

そういうわけで、私はミニマリストにはなれないのです。昔は違ったのですが、またそれもこれからかいていきますね。


↓他の回はこちらからどうぞ。
ミニマリストになりたいのに①
ミニマリストになりたいのに②
ミニマリストになりたいのに③
ミニマリストになりたいのに④
ミニマリストになりたいのに⑤
ミニマリストになりたいのに⑥
ミニマリストになりたいのに⑦

↓こんな記事もあります。
ミニマリストを目指すよりも自然に任せることにした①



338
↑思ったこと感じたことの記事一覧へ。



Twitter  Facebook  Instagram


ポチっとお願いします!


あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして